季節の御朱印

いつも当社の御朱印を楽しみにご参拝いただきまして、ありがとうございます。

現在、新型コロナウイルス感染対策の一環として、全国各地のイベント等が中止、縮小となっており、神社としてどのような対応をさせていただく事が望ましいのか、検討をいたしました。

まず、手水舎および鈴緒のご利用をお控えいただく事は、不特定多数の方が触れる箇所であり、当社におきましても手指消毒用アルコール等のウイルス対策が十分に出来ないため、参拝者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、必要不可欠な手段とさせていただきました。

次に神社として何をすべきなのか。まずは一日も早く終息するよう、祈ること。そして、皆様の安全、安心、健康を祈ること。

皆様には十分に休養をとり、規則正しい生活、食生活、日光浴をしていただき、免疫力をあげてウイルスに負けない身体づくりを心掛けていただきたい、そして感染が疑われてもすぐに検査をうけられない現状、マスクおよび消毒アルコールなどの不足、また県内におきましても感染者が増加している事を鑑みると、季節のスタンプを押印した御朱印を授与させていただく事により、安易に外出を促すことは神社として望ましくない、と判断いたしました。

つきましては、2月29日(土)より当面の間、御朱印への季節のスタンプの押印および、はさみ紙は休止とさせていただきます。

従来2月は桜、3月上旬はひなまつり等、季節のスタンプを押印した御朱印を授与させていただいており、この季節は遠方よりご参拝いただく皆様、また、年間を通して楽しみにご参拝いただいております皆様には大変申し訳ございませんが、一人ひとりの命に関わることにつながらないとも限りません、御朱印自体を休止させていただく事も考えましたが、現時点では苦渋の選択であることをご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

日中は暖かく花々も美しい季節です。ご自宅付近のお散歩などで、春を感じていただければ幸いに存じます。

今、一人ひとりが感染対策を心掛けていただく事により、ご自身と大切な方の命を守ることにつながります。そして一人ひとりの感染対策が高齢者、子供たち、妊婦さん、日々多数の方と接するお仕事に従事されている方々に対しても、お互いにウイルスをうつさない、うつされない事につながるのではないでしょうか。
おそらく罹患されている方のご家族、関係者の皆様は私たちより生活のしづらい日々を送っていることと思います。これ以上、罹患者と関係者を増やさないため、悲しい思いをする方々を増やさないため、外出、ご参拝の際には是非とも、咳エチケットとしてマスク着用を、帰宅された際には念入りな手洗いをお願いいたします。

尚、感染対策として引き続き、御朱印帖への直書きは休止し、スタンプ押印等々のない書置き御朱印のみ、ご用意しております。状況により社務所の入り口にてお渡しさせていただく事もあるかと思います。ご理解ください。
季節のスタンプ等を押印した御朱印の再開は、状況を考慮し安心してご参拝していただける時期を予定しております。
現時点では4月から再開できたら、と思っておりますが、目途が立ちましたら、このホームページなどでお知らせさせていただきます。
御朱印に関する電話でのお問い合わせはお控えいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

今朝(2月28日)の富士山は雲海の中から頭を出していて、少しの間眺めていると、刻一刻と雲の様子が変わっていました。

雲の様子が変わるように、霧が晴れるように、一日でも早くウイルス、感染など悲しいニュースを聞くことがなく、この状況が改善されますように。
罹患された方々の一日も早い回復、そして必要な物資が必要とされている方々へ行き渡りますように、ご祈念申し上げます。

#寒田神社 #神社 #御朱印 #松田町 #足柄上郡

2020年2月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 寒田神社 宮司