年間祭事

例祭のご案内

元旦祭 1月1日
年の初めを寿ぎ、氏子総代参列の下、皇室の安泰、国家の隆昌、氏子地域の繁栄と家内安全を祈ります。また正月中は古いお札や御守のお焚き上げも行っています。
節分祭 2月3日(立春の前日)
本来、節分とは季節の分かれ目である立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指す言葉でしたが、現在では立春をもって一年があらたまる、という考えから立春の前日だけを節分と呼ぶようになりました。当社では疫病・災難のもとである悪鬼を退散させる「鬼やらい」行事として豆を撒き、厄を祓い無病息災を祈る追儺式を斎行しています。
祈年祭 2月17日
「としごいのまつり」とも言われ、最も重要な祭事のひとつです。「とし」は稲の稔りの意味で、春の初めに当たるこの時期に、その年の五穀豊穣、国家・国民の繁栄を氏子総代参列の下、祈ります。一年の収穫を感謝する新嘗祭(にいなめさい 11月23日)とは対になります。
例大祭 7月31日
献幣使の参向があり、神輿が酒匂川で「禊(みそぎ)」を行ってから町内を渡御(とぎょ)することから、お祭りのことを「おみそぎ」とも呼んでいます。 神輿が町内を練り歩くとバケツやホースで、さらに水を浴びせる「水かけまつり」でもあります。神輿の掛け声は「ヤイトォ・サッセー・ヤイトォー・サッセー」その意味は「弥遠(いやとお)に栄えさせ給え」又、例大祭の関連行事として、7月25日には夏越(なごし)の大祓を行い、茅の輪を3度くぐり、半年間の穢(けがれ)を祓い、人の形をした紙で身体を撫で、息を吹きかけて無意識のうちに犯した過ちや罪・穢(けがれ)・諸病、その他災厄を移し、心身ともに清らかに夏の暑さを乗え、12月まで健康に過ごせるよう祈ります。
新嘗祭 11月23日
「しんじょうさい」とも言われ、祈年祭と同様に最も重要な祭事のひとつです。「新」は新穀を、「嘗」はごちそうを意味し、氏子総代および各自治会の宮評議員参列の下、その年の収穫を感謝し、翌年の豊穣を祈ります。
大祓 12月30日
常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、その他、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的に、一般的には6月晦日の夏越の大祓(当社では7月25日)と12月晦日の年越の大祓(当社では12月30日)があります。当社では夏越(なごし)の大祓と同様に茅の輪くぐりを行っています。
除夜祭 12月31日
この一年を無事に過ごせたことを感謝すると共に、新しい年の安全を祈る一年最後のお祭りです。午後11時40分頃より古神札焼納祭(こしんさつしょうのうさい)にて古いお札や御守をお焚き上げし、その火にあたって無病息災を願い、社殿にて除夜の太鼓と共に除夜祭を斎行し、新年を迎えます。

祭事報告

出初式

今年も境内地にて出初式の神事を斎行し、松田町はもちろん、足柄上郡一帯の平穏と消防団の無事と本日の「はしご乗り」の無事を祈願いたしました。
早朝の神事なので、その後にお焚き上げの火で身体を温めて頂いてから、足柄鳶工業連合会による見事な「はしご乗り」を奉納をしていただきました。

  

彼らの今年初のはしご乗りとなりますので、一般の方の見学はご遠慮いただきまして毎年、神社関係者だけで無事を見守ります。

  

気を付けて、気を付けてと思いながら、御社殿前の特等席で拝見させて頂きました。本当に芸術です。
この後、彼らは出初式の会場に向かい、本番での演技も無事に成功されたようです。

「はしご乗り」の伝統の技を継承されている彼らに敬意を表すると共に、日本人だからこそ伝統を重んじ、大切に思う気持ちを後世に繋げていかなければ、と平成最後の年の出初式で深く思いました。

2019年1月11日

菊花展 開催中

11月に入りまして、落ち葉の季節となりました。

神社では、山茶花も咲き始め、御社殿の前には、氏子の方よりザル菊を奉納していただいており、昨日、一昨日には七五三などのご祈祷でご参拝頂いた方々が、記念撮影を沢山していらっしゃいました。

又、あと数日(15日まで)となりましたが、松田菊友会による大菊も、社務所前に展示しております。今年の猛暑にも負けず、菊づくりの皆さんが丹精込めた花々ですので、是非ご参拝の際にはご覧ください。

 

 

 

 

2018年11月12日

歯の供養祭

昨日9月23日、一般社団法人 足柄歯科医師会による歯の供養祭をご奉仕いたしました。

これは昭和29年、当時の足柄歯科医師会会長の発案により、全国に先駆けて歯科医師の日常抜去した歯牙を祀り、世の人の健康を願い、生きとし生きるもの全ての生命を安らかにして幸いならんと祈り、当時の寒田神社宮司の指導により、足柄歯科医師会 全会員が抜去歯牙を持ち寄り、毎年秋の彼岸に供養を始めた事に由来しています。

また昭和51年には永く後世に残さんと、寒田神社 境内に歯の供養塔を建立されました。

供養塔は大臼歯の形をしています。

ご参拝の際には、是非、感謝の気持ちをもって歯の供養塔もお参りください。

尚、歯の供養祭は一般の方のご参列、および歯牙をお納めいただくことはできません。

#寒田神社 #松田町 #観光 #御朱印

2018年9月24日