TOP

寒田神社(さむたじんじゃ)は、神奈川県足柄上郡松田町松田惣領に鎮座する神社です。

寒田神社

  • 榧(かや)の木森のお明神様と古くから親しまれてきた寒田神社は、延喜式内相模十三社の一に坐しまし、往古は神貢百束、鎌倉時代には松田御亭より玄米十石社納の令旨をいただき、また寛永二丙寅年徳川家光公より百五十石賜り、明治七年郷社に列し、昭和十六年県社になりました。
  • 御創建は人皇第十六代にあたらせられる仁徳天皇三年亥十一月で、御祭神は倭建命、弟橘比売命、誉田別命、菅原道真公。
  • 寒田神社の鎮座する松田町は、神奈川県の西部に位置し、西丹沢の登山口。西に富士山、南西に箱根をひかえ、昔より旧東海道の宿場町として栄え、古くから上下の尊崇厚く、氏子は松田町の松田惣領、松田庶子並びに神山の清水で、崇敬者は関東各地、北陸、紀伊、四国、備前に及んでいます。